MPDって何ですか?

システムに常駐し、ユーザの操作を受け各種デコーダに再生指示を出すプログラムです。

MPDは「Music Player Daemon」の略で、システムに常駐し再生およびオーディオ出力を司ります。共通の規約(MPC)に基づく指示をクライアントソフトから受け取ると、適切なデコーダへ再生指示を出し、Linuxのサウンドアーキテクチャ「ALSA」を介して音を出すしくみです。MPDはGUIを持たないため、Raspberry Piのようなディスプレイを持たない端末でも再生機器として活用できます。