電源の正しい切りかたは?

システムに停止信号を送信してOSを終了したあと、電源ケーブルを抜きます。

Raspberry Piには、電源スイッチがありません。shutdownコマンドを実行してRaspberry PiをHALT状態にしたうえで電源ケーブルを抜くことが、安全な電源の切り方です。それでは手間がかかるため、VolumioやMoode AudioのWEB管理画面には、シャットダウン機能が用意されています。ふだんはこの方法を利用するといいでしょう。