π-A1規格(2017年10月2日現在)

  1.  対象フォームファクタ
    Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model Bとする。
  2. 電源
    Raspberry Pi本体のmicro-B端子、または拡張ボード上のmicro-B端子/DC端子から供給する。拡張ボードから入力する場合、GPIO経由でRaspberry Piに電源を供給すること。推奨電力はRaspberry Piに準ずる(Raspberry Pi 3は5V/2.5A)。
  3. ネットワーク
    Raspberry PiオンボードのEthernet端子/無線LAN、またはUSB接続のEthernet端子/無線LANアダプタを使用する。
  4. 映像出力
    ヘッドレス運用を前提とするため必須としないが、HDMI端子の音声出力利用を妨げない。
  5. 音声出力
    定義しないが、Raspberry Pi本体の3.5mm端子は非推奨とする。
  6. 起動ディスク
    本体のmicro SDカードスロットからの起動対応は必須とするが、USBメモリなど他のストレージの利用は妨げない。
  7. 拡張ボード(仕様は別途定義)
    GPIOポートに接続する様式の拡張ボードを着脱できる構造とする。縦横の寸法はRaspberry Pi財団が定めるHATs規格に準じるものとする。
  8. 拡張ボード端子部分の開口部
    前面(micro SDカードスロット上部)と右側面(HDMI端子の上部)の拡張ボード段に開口部を設ける。
  9. ケース構造
    底部と天板、前面・背面と両側面を覆う構造、および拡張ボードを格納できるスペースと開口部(前面/右側面)は必須とする。材質については定義しない。
  10. ケース底部との間隔
    Raspberry Piとケース底部の間隔は5mmとし、スペーサーなどの部品を用いて接触しないようにする。
  11. 拡張ボードとの間隔
    Raspberry Piと拡張ボードの間は12mmとする(HATs規格では10〜12mm)。スペーサーなどの部品を用いる場合、材質については定義しない。
  12. ケース前面・右側面と拡張ボードの間隔
    拡張ボードを取り付ける場合、基板(PCB)とケース前面・右側面の空間は1mm以内とする。ただし、ケース外部に突き出た端子類、スイッチ類は除外する。
  13. 拡張ボード
  • 縦横の寸法はHATs規格に準ずる(65×56.5mm)、HATs規格の詳細および各部名称は https://github.com/raspberrypi/hats および共有フォルダの「hat-board-mechanical.pdf」を参照のこと。
  • HATs規格同様、microSDカードスロット上に位置する凹み部分(DISPLAY FLEX CUTOUT、17×5mm)は必須としない。
  • HATs規格同様、カメラコネクタ上に位置する切欠部分(CAMERA FLEX SLOT)は必須としない。
  • HATs規格とは異なり、EEPROMの搭載およびベンダー情報などの書き込みを必須としない。
  • 基板上部に実装する部品は最大高を20mmとし、開口部ケース/パネルと物理的に接触しない範囲とする。
  • 基板下部(Raspberry Piと面する側)に実装する部品の最大高は定義しないが、Raspberry Piと物理的に接触しない範囲とする。
  • 電力やピンアサインなど他の仕様はHATs規格に準ずる。

14. ケース開口部

  • 第1項から第12項の条件を満たしたケースに、第13項準拠の拡張ボードを装着した状態を前提とする。このとき、ケース前面(micro SDカードスロット上部)のGPIO寄りの孔を「A」、前面と右側面(micro SDカードスロット上部)が交差する孔を「B」、右側面のEthernetポート寄りの孔を「C」とする。
  • ケース前面は孔Aの中心から孔Bの中心へ水平方向に4mm、孔Bの中心から孔Aの中心へ水平方向に6mmを残し、開口部とする。
  • ケース右側面は孔Bの中心から孔Cの中心へ水平方向に3mm、孔Cの中心から孔Bの中心へ水平方向に2mmを残し、開口部とする。
  • それぞれの開口部には拡張ボード表面から16.5mmの高さ(上方向)を確保する。拡張ボード表面からRaspberry Piに面する方向への高さ(下方向)は、基板厚を含めケース前面が6.5mm、ケース側面が4mmとする。

15. 交換パネル

  • 第14項の条件を満たしたケースおよび拡張ボードを対象とする。
  • 前面開口部(micro SDカードスロット上部)用の交換パネルは、ケースとの固定に利用する凹凸を除き縦23mm 、横45mmとする。固定方法については定義しない。
  • 右側面(HDMI端子の上部)用の交換パネルは、ケースとの固定に利用する凹凸を除き縦21.5mm、横55mmとする。固定方法については定義しない。